突然の父の転職騒ぎ

本当に突然だったのです。もうすぐ六十歳になると言うのに、今さら転職すると言い出したのです。

母も私も家族みんなで大反対したのです。もう少しそこで働いていればいいのに、どうして突然と思ったのです。でも父に考えがあったのでした。父はしたい仕事が合ったのです。ずっと現場で働いてきたのですが、一度でいいので営業をしてみたかったのでした。
その話を聞いて驚きました。そのために転職すると言っているのです。あと何年働けるかわからないのに、一体どこの会社が雇ってくれるでしょう。無理に決まっています。

でも父の決心はとても固いのです。そんなに固いとどれだけ、大反対しても叶いません。聞く耳を持っていないのです。きっと無理でしょうが、やるだけやってみればいいでしょう。現実がどれだけ厳しいか、身に染みてわかるでしょう。

ここまで決心してできないとわかった時、父はどう思うでしょう。甘い考えで転職を考えていると思うのです。きっと誰でもできると思っているのでしょう。でも営業だって大変です。その思いを一度わかったほうがいいでしょう。するときっと、転職を考え直すと思うのです。転職をやめてくれることを、家族みんなで願っているのです。

職場の人間関係がつらい

職場の人間関係に悩んでいます。高圧的な上司、自分勝手な同僚ばかりで仕事に行くのが憂鬱です。

私はあまり言いたいことが言えない性格で、嫌なことがあっても我慢してしまい、ストレスを溜め込みやすいです。人は私のことを優しい人、いい人と言いますが、それはその人にとって都合の良い人、またはどうでもいい人ということになるんだと思います。

反抗しない、怒っても態度に出さないから上司も嫌味など言いたい放題言ってくるし、自分の機嫌が悪いと八つ当たりもされます。同僚も私なら何も言わないだろうと思ってか、私の前ではズルをしたりさぼったりを平気でしています。完全に馬鹿にされています。

自分の性格をどうにかしないと何も変わらないのでしょうが、気が弱くなかなか言いたいことをいう勇気が持てません。
事なかれ主義なので、つい作り笑顔で場の雰囲気が悪くならないようにふるまってしまいます。でも、このまま我慢し続けるとストレスで病気になりそうなので仕事を辞めたいです。

コールセンターの仕事から事務に転職したいです

コールセンターに勤めて2年になります。
仕事内容は主に、自社の製品を購入されたお客様の相談窓口です。
故障やコールセンターでは解決しない用件は、修理部門の社員へ連絡を取り次いだりもします。

派遣社員でお給料は月に18万程度で、困った事に残業が多いのに肝心の残業代が出ません。
辛うじて土日は会社自体が休みなので、休日出勤はありません。
しかし仕事内容が所謂クレーマーの多い職業で、毎日のようにお客様から理不尽な言葉を浴びせられたり、罵倒されます。
それだけでも結構辛いのに、更に上司はサボり魔で同僚からは少し嫌がらせをされていて、本当に泣きそうです。

ずっと電話をしたりPCに向かっているので耳も肩も痛くなりますし、ストレスも相まって体調も崩しやすいのです。
この仕事もずっと続けられる訳ではないので転職したいと思います。
しかし、一体どうしたら上手く転職できるか判らず悩んでいます。
出来れば事務の仕事をしたいのですが、資格を持っていないので採用されるのか不安です。
辞め時を見計らいつつ、資格の勉強をしようと思っています。

子持ちの就活

私は現在7ヶ月になる子供を保育所に預け
就活をしているのですがなかなか難しいですね。
というのも面接で必ず聞かれるのが子供のこと。

保育所に預けれなかった時、早く帰らないといけない時、
お仕事はどうしますか?と。

もちろん子供を優先したいので素直にいうと就職はほぼ無理で
かなり辛いです。

そしてもう1つ私が悩んでることがあってそれは
現在二人目を妊娠したということ。

短期間で子持ちで稼ぎたい。世間的には無知ですが色んなところを
当たって面接しています。前日やっと派遣でコールセンターの
お仕事が決まりました。

出勤はこれからなのですが独身時代には感じなかった
お仕事を探す大変さを感じました。
職場からしたらそりゃ気を使う子持ちや妊婦なんかより健康な女の子のほうを選ぶのは
わかっていたのですが予想以上でした。

簡単に仕事を探す、転職すると
いいながらもこんな状態ではちょっと恥ずかしいですね。
もし次があるなら在宅でお仕事ができるくらい素敵なスキルを身に付けたいと思いました。

いつ上司・同僚に報告すべきか

有終の美
よくある転職の悩みの種は「いかにして退職するか」でしょう。辞めてしまう会社はもう無関係だと考えて下手なことをすると、後々次の職場に悪影響が出ないとも限りません。

ことわざに「立つ鳥跡を濁さず」というのがあります。やはり退職時はそうやって円満に辞めたい物です。転職を考え準備していることは、はっきりと目処が立たないうちは秘密にしておいた方が無難でしょう。対処を考えていると知られると、なかなかいままで通りの対応や待遇とはいかなくなりがちですから。

そしていよいよ転職となった場合には、まず直属の上司に報告しましょう。

社会人のマナーとしては当然のことで、仲の良い同僚に先に伝えたりはやめましょう。
退職届を提出すれば、必ずその理由は聞かれることになります。

基本的に会社の批判はすべきではありません。「一身上の都合」と伝え、個人の都合とするのが無難です。

上記のことを守れているなら、退職時に職場に荒波を立てずにすむでしょう。
どうしても不安な場合は、転職サービス会社に相談し、アドバイスをもらうと良いでしょう。