いつ上司・同僚に報告すべきか

有終の美
よくある転職の悩みの種は「いかにして退職するか」でしょう。辞めてしまう会社はもう無関係だと考えて下手なことをすると、後々次の職場に悪影響が出ないとも限りません。

ことわざに「立つ鳥跡を濁さず」というのがあります。やはり退職時はそうやって円満に辞めたい物です。転職を考え準備していることは、はっきりと目処が立たないうちは秘密にしておいた方が無難でしょう。対処を考えていると知られると、なかなかいままで通りの対応や待遇とはいかなくなりがちですから。

そしていよいよ転職となった場合には、まず直属の上司に報告しましょう。

社会人のマナーとしては当然のことで、仲の良い同僚に先に伝えたりはやめましょう。
退職届を提出すれば、必ずその理由は聞かれることになります。

基本的に会社の批判はすべきではありません。「一身上の都合」と伝え、個人の都合とするのが無難です。

上記のことを守れているなら、退職時に職場に荒波を立てずにすむでしょう。
どうしても不安な場合は、転職サービス会社に相談し、アドバイスをもらうと良いでしょう。