将来性のない会社に勤めて

クリーニング業界で働いていますが、この業界は平成4年をピークに年々需要がさがっています。
現在はピーク時の半分以下の市場ですが、店舗数はピーク時とほぼ変わりません。
売上が落ちているのに店舗数はそのままということは客の奪い合いで安売り競争。
忙しいだけで儲けにならないという悪循環。

デフレ脱却が叫ばれているがクリーニング業界は時代の流れに逆行してますますデフレの方向にすすんでいます。
業界全体の売上が年々下がっているのに比例して給料も全然上がらない。

売上を上げようと販促しようにも予算がとれない。機械が故障しても新しい機械を買う資金もない。

パート募集をしても時給が安い為、全然応募がなく繁忙期は休日出勤や残業が当たり前。
従業員も高齢化がすすみ、若い世代の応募がない。10年後には今いる職人たちがほとんど定年を迎えるが後継者がいない。

転職しようにも同業界ではどこへいっても同じ環境。異業種に転職しようにも生かせるキャリアがない。

長年、働いてきたクリーニング業界で働いていたほうがいいのか、異業種で未経験から再スタートしたほうがいいのか悩んでいます。
正社員転職エージェント